office365について

Office365の特徴と機能を紹介

更新日:

『Office365』ってよく聞くけどどんなもの?
『Office365』は、Microsoftの『Office』の最新版だ。
クラウドを使って色んなことが出来るんだよ。
ふーん、それで?
それじゃあ、Office365の特徴と機能を教えてあげよう。
よろしくおねがいします。

 

 

Office365の特徴と機能

Office365とは

Office365とは、従来からあるマイクロソフトの『Office(オフィス)』製品の最新の形です。

Microsoft Office 365とは、マイクロソフトからの『Office(オフィス)』製品の中で提供されているサブスクリプション方式サービスで、『Office』製品のデスクトップ版およびウェブ版、及び『Exchange Online、SharePoint Online、Skype for Business』で構成されています。

 

Office365の特徴

契約がクラウド型の利用形態で、月額 or 年額契約のサブスプリクション型となっています。

Office365は「月額 900~1400円」という月額制でOfficeを利用します。ただし、ローンではありません。毎月料金を支払っていれば、ずっと使い続けることができ、逆に毎月の支払いをやめると使えなくなります。

対象となる[企業[規模は幅広く、個人事業主や少人数の企業から数万人の大企業まで様々なプランがあり、『Office』製品を仕事で利用している人なら『Office365』の方がお得です。

ほぼ全てのoffice製品がクラウド対応で、とても使い安くなっています。

Office365は、ユーザーに毎月料金を払ってもらうかわりに、つねに最新のソフトウェア、さまざまな付加的なサービスを利用できる「総合ビジネス支援サービス」なのです。

『Office365』には、WordやExcelも含めて、業務を効率化し、スピードアップし、コミュニケーションを活性化する機能が豊富に揃っています。

1人1契約に付、PC(パソコン)に5台、スマホに5台、タブレット5台の合計15台までインストールが出来ます。

 

Office365の機能

  1. 常に最新にアップデートされる。
     とはいっても、すべての旧Verに対応、旧Verのデータを開くことがもきるし、相手のVerに合わせて保存することも出来る。
     もちろん、相手が最新Verであってもそのまま扱える。
  2. 任意のPC(パソコン)で作成したデータは、その他のPCやスマホ、及びタブレットでも同時に開いて編集することが可能。
  3. Office365を使用している他の複数の人と任意のデータを共有することが出来る。
  4. クラウドサーバーとして様々なアプリケーションが付属している。
  5. 1TBのクラウドストレージをが付属している。
  6. 50GBのメールサーバーにより、メール・スケジュール管理などが多機能に使用可能。
  7. データの置き場所をクラウド化しておけば、パソコンが壊れた場合でも、使用しているデータはいつでも安全。
  8. 削除したデータも2度まで復旧することが可能。

デスクトップインストールアプリケーション

これまでと同じ、各アプリケーションをパソコンにインストールことにより、使用します。

複数台のインストールが可能で、常に最新版にアップグレード可能です。

 

以前で言う“Officeプロフェッショナル”版のソフトウェアが全て付属しています。

Outlook

メーラー&情報管理

DiskTop版アプリケーション

Word

ワープロ

DiskTop版アプリケーション

Excel

表計算

DiskTop版アプリケーション

PowerPoint

プレゼンテーション作成

DiskTop版アプリケーション

OneNote

高機能メモ帳(ペーパレスを大きく

実現することが可能となります)

DiskTop版アプリケーション

Access

データベース

DiskTop版アプリケーション

Publisher

見た目重視の文書の作成

DiskTop版アプリケーション

※今回は、Office365としてフル機能を有しているところのOffice365 Business Premiamu を取り上げて説明しています。

 

Office365のウェブアプリケーション

Office365のウェブアプリケーションは、パソコンにインストールすることなく、任意のパソコンでもログインすることで、Web環境で使用可能です。

 

Office365のウェブアプリケーションのまとめた図

※今回は、Office365としてフル機能を有しているところのOffice365 Business Premiamu を取り上げて説明しています。

 

上記各アプリ概要

メール

OutlookOnline版のメールの送受信

OneDrive

Cloudのフォルダ、ファイルの表示 エクスプローラ機能

Word

WordのOnline版

Excel

ExcelのOnline版

PowerPoint

PowerPointのOnline版

OneNote

OneNoteのOnline版

SharePoint

組織内のWebサイト

Teams

グループチャットソフトウェア

Yammer

企業、組織内、組織メンバーのSNS(社内限定公開のSNS)

Dynamics 365

統合管理、顧客管理ビジネスアプリケーション

Flow

自動ワークフローの作成

管理

Office365の機能 Admin center 各種設定

セキュリティ

Office365の機能 各種設定

予定表

OutlookOnline版の予定表

ニュースフィード

新着情報や更新情報などの配信

タスク

Outlookの機能

PowerApps

コード記述なしで簡単にアプリケーションを作成

Delve

検索、分析

Planner

スケジュールの作成、実行、フォロー

ストア

多種 無料のものが多いが残念ながら英語

Bookings

顧客用予約、予定管理

Sway

パブリッシングツール Webページの見た目重視の作成ツール

Forms

アンケート、テスト、投票を作成、結果表示のアプリ作成ツール

※今回は、Office365としてフル機能を有しているところのOffice365 Business Premiamu を取り上げて説明しています。

 

Office365の使用例

  1. OneNoteを使用して、ペーパーレス環境を!
     ・書類を持ち歩かなくても、いつでもどこでもPCやスマホ、及びタブレットで閲覧したり編集出来たりする。
     ・アイデアなど、思いついた時に、外出先からでもどこでもメモしておくことが出来る。
     ・ToDoなどを何処でも確認することが出来る。
  2. 50GBのメールサーバーにより、メール・スケジュール管理などが多機能に使用可能。
  3. 会社組織でクラウドサーバー・グループウェアとして使用可能。(小企業~大企業)
  4. ひとりでサーバーとしても便利に使用できるメリットは大きい。
  5. Microsoft Office製品が、常に最新版(自動アップデイト設定により)で使用可能
     ・会社全体で、Verの管理が不要。
     ・個人で使っていても常に最新Verなので安心。
     ※今後、常に最新Verが主流になる。(とはいってもすべて旧Verの互換性は保たれているので安心)

1人サーバーとしての使用例の図

※今回は、Office365としてフル機能を有しているところのOffice365 Business Premiamu を取り上げて説明しています。

 

複数社員でのクラウドサーバーとしての使用例の図

※今回は、Office365としてフル機能を有しているところのOffice365 Business Premiamu を取り上げて説明しています。

 

 

Office365の今後の動向

マイクロソフトは、いま、いわゆるビジネスモデルヘの転換中です。ソフトウェアを開発し、パッケージに詰めたり、パソコンにインストールしたりして販売する形態から、ネットワークを介して配信する「クラウド」を利用した販売方法へと、転換しているのです。

  1. 高速なインターネットが普及した結果、ソフトウェアをユーザーのコンピュータに直接届けられるようになったこと。
  2. 第二はスマートフォンやタブレットが普及し、複数の機器を使い分けることが当たり前になってきたこと。
  3. 第三はライバル企業との競争。

 

 

Copyright© エレコンツ設計事務所 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.